TopRSS管理
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
    明けましておめでとうございます☆
    早くも年が明けて一週間経ちましたね♪

    あけましておめでとうございます。


    今年は、序盤、バタバタしそうなので
    すぐにスタートを切ります! と、宣言しにくいのですが^^;

    「やさたく」の精神で、進めたいと思っています。

    翻訳の課題を、熟読、精読、音読、ボキャブラリーを深めるetc
    なめまわすように、掘り下げたいと思います。



    以上! ってわけではないのですが、(笑)

    実は、翻訳の勉強をしている割には、私「読み」が甘いんです。
    筆者の意図とか、物語の世界観とかに
    うまく入り込めなかったりして。。。

    これは、英語に関係なく「読む」という分野の問題なのかもしれません。
    あれこれ、手を出すとがんじがらめになる私、
    あまり好きではない分野の課題にも、逃げないで取り組む覚悟で
    いきたいと思います。

    あとは、Kimbery Wilsonさんの、ブログ、本、ポッドキャスト、YouTube配信の私設TVなど
    楽しんでいきます。(ヒーリング系は、ライフワークとなりつつあるLucy)

    その他、ひそかに、あれもこれもとは
    思っておりますが、とりあえず、この二つは敢行!


    英語とは関係ないけど、バッチフラワーエッセンス セラピストとしても
    スタートを切りたい。。というのは、
    また一つの今年の目標です。
    ブログの準備も始めようかな?

    ではでは。


    :::::::::::::::::::::::::::::::


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
    スポンサーサイト
    [2011/01/06 15:39] | Lucyの頭の片隅 | コメント(0) | page top
    どうぞ良いお年を。
    年越し本、何にしようかな?

    これまでは、
    家族がテレビを観ている間、
    私はノートとペンを前に
    今年一年に思いを馳せたり、
    新しい年の青写真を思い浮かべたりするのが
    習慣になっていました。

    先日、高見恭子さんのブログを見ていたら
    年越本の習慣がおありなのを知りました。
    素敵!
    活字を追いながら年を越して行く。
    何にしようかなぁ。

    おそらくコレ。
    自分を信じて生きる―インディアンの方法自分を信じて生きる―インディアンの方法
    (2001/06)
    松木 正

    商品詳細を見る

    アメリカインディアンの生き方。
    オオカミのカッコイイ習性
    ・・・に、今夢中なのです。

    バックミュージックはもちろん↓!
    私にとって第九ではなく、こちらが新しい年を迎える大事な曲です。
    (年末だけでなく、一年通してのアゲミュージックなのですが)







    どうぞ、良いお年をお迎え下さい。



    :::::::::::::::::::::::::::::::


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ

    [2010/12/31 06:51] | Lucyの頭の片隅 | コメント(4) | page top
    ミネルヴァの梟
    はぁ~。
    あっと言う間に、3週間近く経ってしまいました^^;

    書きたいことは、いっぱいあるのですが
    心に余裕がないと、私の場合、ブログに向き合えない。。。

    困ったもんです。


    そして、もう年の瀬ですね。
    年々、時間が過ぎるのが早くなります。




    さて。
    話はまったく違いますが、
    ここ二ヶ月、行く先々でギリシアに関することに、遭遇していました。
    絵だったり、建築物だったり、神話だったり。
    何かのお告げかしら?(笑)などと思いながら……。

    凝り性なので、結構いろいろ調べてみたり。こんなの、面白いですね。
    堪能しました。

    ルーブル美術館にあるサモトラケのニケは
    あまりに有名ですが、
    女神アテナとこんなに縁が深いとは!
    今回初めて知りました。

    散々、堪能した後、
    ふと、手持ちの田口ランディさんの本「くねくね日記」を
    パラパラめくっていて、
    『ミネルヴァの梟』のくだりが出てきて
    また、ギリシアだ~~! と、ゾッとしたりしました(笑)。
    (ミネルヴァは、ギリシア神話の女神アテナのローマ名です)

    何度も遭遇するギリシア関連の事柄。
    ここがゴールかもしれません。

    The owl of Minerva first begins her flight with the onset of dusk.
    (ミネルヴァの梟は、黄昏時に飛び立つ)

    暗がりで先が見えなかったり
    不安の雲が立ち込めていても、
    その中を
    ひたすら真っ直ぐ前を見て飛び立つ。
    闘いが終わって、結論がでた時に
    哲学や評論が現れる。
    何かを始めるときは、たいがい先行きが見えないもの。
    外部からの賛否も、気にしている場合ではない。

    梟は知恵、知識の象徴。
    田口ランディさんは、
    『作家、芸術家のような人間は、
    無意識のうちに
    暗がりの中から飛び立とうというアンテナを持っている』
    と言う。
    魔法のような、形のないエネルギーが先行して
    後から目に見えるものが現れてくる。。
    知恵が先行。

    勉強、仕事なども、そういうもの。
    こんなことやって何になるの?
    誰が喜ぶの?
    この人生で、このことがどんな価値になるの?
    人間、時として迷路に入ることもありますよね。
    そんなこと、人生が終わる時にしかわからない。。ということなのでしょう。

    ちょっとした黄昏時の中にいる私ではありますが(笑)、
    厚い雲の中を、真っ直ぐ飛ぶ飛行機のようでありたいと思います。



    :::::::::::::::::::::::::::::::


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
    [2010/12/30 10:36] | Lucyの頭の片隅 | コメント(2) | page top
    10代の勉強? いや、40代も(笑)。
    キムタツ先生のブログを拝見して
    舌を巻きました!

    息子達の部屋にも速読特訓ゼミシリーズがあるので
    その存在は知っていましたが
    あんな風に料理するなんて、
    目からウロコどころの話ではありませんでした。



    以前、保護者会で
    「中間期末だけのために勉強している子は危険です」
    と言われたことがあって
    わが息子達の状況のみならず、
    40代母の今の英語の勉強環境、
    そして、30年近い遥か彼方の青春時代を思い出して、
    今さらながら青くなったのでした。

    しかし、
    キムタツ先生の記事を拝見して
    さすが、灘高。
    あんな形で中間期末、年末の宿題をこなしていれば
    「なんだ、大丈夫じゃん!」
    と思ったのでした。←不遜^^;

    要は、やり方なんですね。
    着眼点というか、取り組みに対する独自の姿勢というか。
    (あの通りやろうと思っても、なかなか簡単な話ではありませんが。。。)

    この冬は、キムタツ先生の下では勉強できる余裕はない私ですが、
    調理方法だけ戴こうと、鼻息荒く。。。
    またまた音読を進めたいと思います。


    :::::::::::::::::::::::::::::::


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
    [2010/12/08 13:39] | Lucyの頭の片隅 | コメント(0) | page top
    300時間
    300時間をようやく通過しました。
    ここまで到着するまでは、ブログを書かない。。
    ……なんて、意味があるようなないような誓いを
    自分で立ててしまったので、
    なんだか、更新できずに今日を迎えてしまいました。

    鍵コメントでお気持を残して下さった
    私の大事なブログ友達のS様。
    本当に失礼しました。
    この場を借りて、あらためてお詫び申し上げたいと思います。
    コメントを下さったのに長いこと気づかずにいました。
    本当にごめんなさい。


    さて、
    自覚をしていたわけではないのですが、
    英語の勉強において、
    少し転換期に来ていたようです。
    潜在的には、
    長いこと、自分の中のギャップを埋めることができずに
    悶々としてきたのかもしれません。
    憧れと現実のギャップ。
    今、手をつけている勉強法と、
    自分が喜ぶ勉強法が一致していないかもしれないギャップ。

    TOEICの楽しさと、緊張感を知ってしまったことで
    かなり気持がそちらに傾いていた私ですが、
    翻訳クラスに参加させていただくようになって、
    やっぱりTOEIC戦士でいたら、
    不器用な私は翻訳課題に取り組めない。。。
    そういう結論に達しました。
    凝り性なので、一つの単語を調べていると、
    芋づる式に頭の中が広がっていきます。
    一個の単語について、
    ノート1ページ分メモしてしまう勢いです。
    TOEICの勉強をしていた時には、
    「なんて要領の悪い、効率の悪い。。」と思われるような勉強をしないと、
    きちんとクラスに出られないのです。

    自分に高いハードルを課すことを
    あえて、止めてみようと思います。

    きちんとコツコツ時間は重ねていく。
    でも、何ページ進んだか、何個ボキャブラリーが増えたか
    という数字を、
    いちいちあまり気にしないことにしました。
    (この決断は、実はとても苦しかった! 笑)


    心の中で、あーでもない、こーでもない。。と
    思い巡らせた、この100時間でした。

    今はシンプルに
    翻訳課題に出てきたボキャブラリーを、充実させること。
    とことん徹底的に、課題を音読すること。
    くだんのアメリカ人ブロガーさんたちのlovelyなブログを、browseすること。
    そこで出会ったボキャブラリーを確保すること。
    多読。
    次の100時間は、こんなラインで進めようと思っています。

    しみじみ、こんな心境になった二冊の本。
    彼ら(二冊の本)の話は、またこの次に。。。




    :::::::::::::::::::::::::::::::


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
    [2010/11/21 01:29] | Lucyの頭の片隅 | コメント(8) | page top
    | ホーム | 次のページ>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。