TopRSS管理
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
    2009.5.12
    新公式問題集のPART2(Test2回分全60問)のディクテーションをしてみました。
    実は、正答していても
    書き取ってみると、とんでもない文章として思い込んでいたりしました。
    音として聞き取れないというより、
    私の場合、
    書いている最中に、勝手に文法上の解釈を入れて文を練り上げているらしく
    思い込み違いの方が大きいらしい
    )。

    結局、聞き取れていない!!

    そして、何より怖いのは
    実際正答の場合でも、
    [疑問詞で始まっているので正解はコレだろう]ぐらいの判断で進んでいるので
    英語の力としては成り立ってない
    (設問を100%理解しないまま一応正解を出している)場合が
    少なくない
    ということです。

    『TOEICは点数をとにかく取ればいいんだから、
    つべこべ言わずに30秒以内で疑問詞だけで判断して
    その選択肢を選べたから
    それでいいじゃないの!
    そう言われれば、本当にそれまでなのです。

    さらに、30秒で答えを出すためにという観点で言えば、
    ディクテそのものも疑問視されることもあると思います。
    (中村澄子先生は、ご自身の著書で断言されていますしね)
    それも、承知の上です。


    ただ、私の場合は、自分に課したルールで、
    返り読み禁止を誓った以上、
    ディクテーションにおいても一回しか聞いてはいけない 
    としました。
    おそらく、書いている間にどんどん脳みそからこぼれ落ちていく記憶も多くて、
    聴いていた瞬間はOKだったのに、文末まで覚えていられなくて、
    赤がいっぱい入ってしまったというものも多いです。
    また、構文解釈上自分に問題がなければ、リテンションもそう難しくないということも発見!

    やっぱり、問題は「返り読み」と「構文解釈の弱さ」のようです

    やっぱり、リーディングの方が弱いじゃん!

    PART3は、違ったアプローチを考えていますが
    リーディングを強化したいので、リスニングにおいても少し気をつけてみたいと思っています。

    today's study

    ・耳読書(と言うよりも、今日は完全にリスニング):70mins
    ・PART2のディクテーション:採点、音読等含めて:90mins
    total:2hurs40mins(⇒52hurs


    Thanks For Your Love
    にほんブログ村 英語ブログへ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
    にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
    スポンサーサイト
    [2009/05/13 00:58] | 1000時間クエスト | コメント(0) | page top
    <<やっぱりミッシェル! | ホーム | 2009.5.11>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。